歯科では一度に治療してくれない

歯科に通院していると、とにかく長いという特徴に気づくでしょう。一度で済むことはまずなく、数回通院というのが特徴なのです。これには理由があります。虫歯治療など保険適用のものの場合、保険のルールで回数が制限されていたり医療費を削減するためにさまざまなしばりがあるのです。すなわち歯科側の都合で通院せざるをえないのです。それだけでなく、患者側にとってもこの特徴は必要です。上下や複数個所を一度に治療してしまうと、歯の関連性が悪くなり、かみ合わせに支障が出てきてしまうのです。せっかく治療しても不具合が出るようではこまります。また、歯科治療というととにかく口を開けっぱなしですが、無理なく口を開け続けていられる時間というのが最高で30分程度までなのです。長時間続けるとあごへの負担が大きくなってしまいます。それに、本人は口を開けていたくても、ついつい治療中に口が閉じてしまったりしてトラブルが起こる危険性も出てくるのです。安全性と患者の負担も考えたら、30分以内の治療で数日空けてまた治療に訪れる、という方法が最もおすすめなのです。虫歯になって訪れるとなかなか面倒なので、日頃からきちんと歯を磨き、3ヶ月から半年に一度は検診してもらうのがおすすめです。

バックナンバー

歯科の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP